PR
PR

【道スポ】コンサ菅、U-22代表遠征「必死にやれた」 リーグ戦でもアピールだ

 北海道コンサドーレ札幌のFW菅大輝(21)が、U―22日本代表の北中米遠征(メキシコ・米国)から帰国した。遠征の疲れも感じさせず、14日仙台戦の出場へ意欲。クラブでの活躍を、東京五輪へのアピールにつなげる。

 菅が充実の遠征から帰ってきた。この日の朝に帰札したばかりだったが、ペトロビッチ監督にあいさつを済ませると、グラウンドに出てジョギングなどで軽めに汗を流した。

 「標高の高いところでやれて良い経験になったし、コンディションも悪くなかった」と菅。9日のU―22米国代表との試合は0―2で敗れたものの、先発出場し83分間プレー。試合では「ゴールにいく前の動きはいい。でもそこからのチョイス、結果を残すという部分でまだ出来ていない」と課題も浮かび上がった。迫る東京五輪へ、メンバー争いは激しさを増しているが、「必死にやれたので良かった」と、悔いを残すことなくアピールしたつもりだ。

 菅不在の間、札幌はルヴァン杯準決勝進出を決めた。遠征先で結果を気にしていたといい「ロペスが爆発してくれて良かった」と笑顔。14日には仙台戦を控えるが、「遠征中もリーグ戦のことは考えていたので。良い準備は出来ている」と頼もしく話した。(石栗賢)<道新スポーツ9月12日掲載>

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る