PR
PR

オーストラリアから6チーム 道内で交流戦へ 代表戦に合わせ来道 札幌など3市で

 21日に札幌ドーム(札幌市豊平区)で行われるラグビーワールドカップ(W杯)のオーストラリア戦に合わせ、同国の高校生ラグビーチームなどと、道内チームの交流試合が相次いで行われる。同国のラグビーチームはW杯開催地に遠征するのが恒例で、道内関係者は国際交流拡大に期待する。

 オーストラリアは21日、フィジーと対戦する。道協会によると20~23日、同国の高校・大学、中高年の計6チームが札幌など道内3市で遠征試合をする。

 芦別市の芦別高校は20日、同国東部・カラウンドラの高校生チームと同校で対戦。北海道ラグビー協会関係者らの紹介で実現し、同校では歓迎セレモニーのほか、試合後に軽食を取りながらお互いをたたえ合うラグビーの伝統文化「アフターマッチファンクション」を行う予定。同校ラグビー部の田中彦好監督は「子どもたちにとって貴重な体験」と期待する。

残り:299文字/全文:670文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る