PR
PR

噴火湾でもニジマス養殖 ホタテ大量死対策 八雲町が試験へ

[PR]

 【八雲】町は11日、噴火湾に通じる落部漁港内で、トラウトサーモン(ニジマス)の海面養殖に向けた実証試験に着手する方針を明らかにした。すでに、日本海に面する熊石漁港内でも実証試験に乗り出すことを決めているが、主力の養殖ホタテが原因不明の大量死に直面している噴火湾でも、漁業経営の安定に向けて新たな養殖事業の可能性を探る考えだ。

 町は日本海と太平洋の二つの海に面する環境を生かして海面養殖を成功させ、道内初となる「道産サーモン」の事業化を目指す。噴火湾での実証試験は、胆振、渡島両管内の7漁協の了承を得た上で、落部漁協青年部と連携して取り組む。

残り:337文字/全文:608文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る