PR
PR

「お友達内閣」野党批判 消費増税、外交で攻勢へ

[PR]

 野党各党は、11日に発足した第4次安倍再改造内閣について、安倍晋三首相の側近で固めた「お友達内閣」などと批判した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は国会内で記者団に「国民不在の『お友達重用内閣』。何をやりたいのか全くわからない」と指摘した。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者会見で「聞きたいことがいっぱいある内閣だ。議論の中で浮き彫りにしたいので、早く国会を開いてほしい」と強調した。

 共産党の小池晃書記局長は記者団に「改造内閣は、一糸乱れぬ右向きのメンバーだ。改憲よりも他にやることがあるというのが民意だ」と述べた。

残り:198文字/全文:455文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る