PR
PR

エアガン?発射は盗難車 岐阜で停車、運転の男逃走

 愛知県内の東名高速道路で車が後続のワゴン車にあおられた上、エアガンのようなものを発射された事件で、ワゴン車は横浜ナンバーの盗難車だったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。被害を受けた車の助手席に乗っていた名古屋市中川区の男性会社員(23)は同日、取材に「約5分間、何度も撃たれたりクラクションを鳴らされたりした」と証言した。

 捜査関係者によると、ワゴン車は事件の約1時間20分後の8日午前8時20分ごろ、燃料切れのため岐阜県瑞浪市内の中央自動車道上で停車。岐阜県警が発見し、事情を聴こうとすると、運転していた男は同乗の女性と車をその場に残して逃走した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る