PR
PR

千葉の停電、依然43万戸 11日中の全面復旧断念

 台風15号による千葉県を中心とした大規模停電で、東京電力は11日、東京都内で記者会見し、当初目指していた同日中の全面復旧について「見通しが立っていない」と明らかにした。雷雨で作業が中断したり日没で作業効率が下がったりしたことなどが原因と説明している。千葉県内では同日午後1時現在で約43万戸が停電。停電は3日目に入り、約2万戸の断水も続いている。

 茨城、静岡両県の停電は11日未明に復旧した。神奈川県では約4千戸で停電が解消されず、復旧作業を続けている。

 東電は、10日段階で千葉県内では50万戸超だった停電を、11日朝までに約12万戸に減らすと説明していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る