PR
PR

国民宿舎「あわび山荘」 宿泊施設を無償貸与 11月から せたな町が方針

[PR]

 【せたな】町は、10月に宿泊部門を廃止して日帰り入浴のみ継続する方針を示している町内大成区の国民宿舎「あわび山荘」について、宿泊施設を民間業者などに無償貸与する方針を固めた。5日の町議会総務厚生常任委員会で報告した。

 町側の説明によると、10月20日に宿泊部門を廃止し、11月から民間業者などに施設を無償貸与する。

 無償貸与は、宿泊施設として運営を引き継ぐことが条件。町内に事業所がある企業や団体を対象にする考えで、今月下旬から町のホームページなどで公募し、10月下旬には契約にこぎ着けたい考えだ。

残り:388文字/全文:638文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る