PR
PR

北斗市に10月「フットボール場」 天然、人工芝3面完備 合宿誘致に期待

 【北斗】市が2016年度から進めてきた市運動公園の「フットボール場」(押上1)が10月上旬にも完成する。ラグビーとサッカーができる二つのグラウンドと、フットサルコートなどを備える。来春から本格的に利用可能となり、市はスポーツ合宿の誘致などに期待を高めている。

 フットボール場に整備されるのは、人工芝と天然芝のグラウンドが各1452平方メートル、人工芝のフットサルコートが1176平方メートル、シャワー室や会議室を備えた2階建てのクラブハウスと物置。

 人工芝と天然芝のグラウンドには、一部に屋根が付いた客席各450席が整備されている。天然芝のグラウンドには電光掲示板も設置。フットサル場の隣には250台分の駐車場を新設し、同公園に従来ある東側駐車場も100台分を増設した。

残り:280文字/全文:616文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る