PR
PR

北広島で雄のヒグマ駆除 家庭菜園出没の個体か

[PR]

 【北広島】5日正午ごろ、市内西の里地区のヒグマ捕獲用の箱わなに雄のクマ1頭が入っているのを巡回中の市職員が見つけ、地元猟友会のハンターが駆除した。市は8月中旬以降、北広島、江別両市の家庭菜園やトウモロコシ畑に出没していたクマと同じ個体とみている。

 市によると、クマは体長約1・6メートル、体重90キロで年齢は不明。クマの目撃情報や家庭菜園での食害が付近で相次いだことから、市が8月21日に箱わなを設置していた。(阿部里子)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る