PR
PR

函館市庁舎ダンパー 不正品21年に交換

[PR]

 【函館】函館市役所本庁舎に取り付けられた制振オイルダンパーの検査データが改ざんされていた問題で、市は4日、川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)の子会社が出荷した不正品39本の交換が、2021年初めに行われると発表した。交換費用は企業側が全額負担する。

 不正品は第三者機関による検証で「震度7程度の地震でも建物倒壊の恐れはない」とされたが、市は「契約違反は変わらない」として川金HDの子会社に交換を求めていた。

 庁舎の耐震工事を請け負った共同企業体が2日、交換作業を21年1~3月に行うと市に報告。工事期間中、来庁者の窓口対応を含む市の業務に影響はないという。

残り:92文字/全文:375文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る