PR
PR

釧網線・南弟子屈駅の廃止検討 JR、6日に住民説明会

 【弟子屈】JR北海道が釧網線南弟子屈駅(釧路管内弟子屈町)の廃止を検討をしていることが2日分かった。同社釧路支社は6日に地域住民への説明会を開く。

 町によると、同社は5月、町に同駅に関する協議を求め、町側は地域への十分な説明を求めたという。同駅は1929年開業の無人駅で、1日の平均乗降客数は1人以下。(森麻子)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る