PR
PR

記録的大雨 岩見沢中心部の道路冠水 空知管内1500戸超停電

 道内上空に寒気が入った影響で大気の状態が不安定になった31日、空知管内でも岩見沢市で1時間降水量が観測史上最大となる94・5ミリを記録するなど、局地的に落雷を伴った激しい雨が降った。同市では一部道路が冠水するなどして通行止めになった。同市と三笠市を合わせ計1500戸以上が一時停電した。

 岩見沢市内では同日午後2時半ごろから雨が降り出し、札幌管区気象台によると同3時半ごろまでの1時間雨量が94・5ミリを観測。これまで最大だった1997年10月7日の72・0ミリを上回った。気象台は午後3時半、レーダー解析などから同市付近と三笠市付近で1時間に約100ミリの雨が降ったとして「記録的短時間大雨情報」を出した。

残り:379文字/全文:684文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る