PR
PR

釧路市街地を戦車走行 陸自訓練で初 抗議の市民「物騒な音」

 【釧路町、釧路】陸上自衛隊第7師団(千歳市)の長距離機動訓練が26日夜、釧路管内釧路町などで始まった。戦車3両を含む戦闘車両10両が釧路駐屯地(釧路町)から釧路港(釧路市)に向け、公道約17キロを走行。大型商業施設が並ぶ市街地を通過し、沿道では市民団体が抗議活動を行った。

 同訓練で戦車が釧路市街地を走るのは初めて。重量約50トンの90式戦車のほか、73式装甲車、92式地雷原処理車などが騒音対策や道路保護のため、走行用ベルトにゴムパッドを装着し、午後9時に釧路駐屯地を出発。国道や道道を時速20~30キロで走行し、午後10時半までにすべてが釧路港に到着した。

残り:224文字/全文:505文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る