PR
PR

メダルは扇モチーフ 東京パラ開幕まで1年 ケースは津別・山上木工

 2020年東京パラリンピックの開幕まで1年となった25日、大会組織委員会と東京都が都内で記念式典を開き、メダルのデザインを発表した。表面も裏面も「扇」をモチーフにした日本ならではの構図で「世界に新たな風を吹き込む」がコンセプト。木製のメダルケースは東京五輪と同じく、加工技術の高さが評価されたオホーツク管内津別町の家具メーカー山上木工の作品が採用された。

 メダルの扇の要は、人種や国を超えて心を一つに束ねる選手を表現。表面には「TOKYO2020」の点字を入れ、裏面には日本の自然を象徴する岩、花、木、葉、水の絵が刻まれた。側面には円形のくぼみを入れ、金メダルに2個、銀に4個、銅に6個とし、視覚障害者が手で触ることで色を判別できるように工夫した。

残り:263文字/全文:588文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る