PR
PR

せたなでロケ「荻野吟子の生涯」 町内で10月3日先行上映 山田監督ら舞台あいさつ

 【せたな】明治時代、旧瀬棚村で開業した日本初の女性医師荻野吟子(1851~1913年)を描き、町内でロケを行った映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」が完成し、10月3日に町民ふれあいプラザで先行上映会が開かれる。

 映画は現代ぷろだくしょん(東京)が製作。社会派で知られる山田火砂子監督が手がけ、若村麻由美さん、山本耕史さん、柄本明さんらが出演している。今年5月に三本杉岩周辺で撮影を行った。公開は10月26日、道内では12月6日を予定している。これに先立ち、町の実行委が先行上映会を企画した。

 当日は午後1時半と6時半の2回に分けて、山田監督と若村さんによる舞台あいさつと上映がある。

残り:101文字/全文:392文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る