PR
PR

ピアノ、ソプラノ…30日、合同演奏会 幅広いジャンル一度に 函館 トーク交え名曲楽しく

 【函館】作曲家でピアニストの加羽沢美濃(かばさわみの)さん、バイオリン奏者の奥村愛さん、ソプラノデュオの山田姉妹の3組によるジョイント・リサイタルが、30日午後6時45分から函館市芸術ホール(五稜郭町37)で開かれる。幅広いジャンルの曲を、テレビ・ラジオでもおなじみの4人が楽しいトークとともに聴かせる。

 加羽沢さんは数多くの映画や舞台の音楽の作曲を手がけ、NHKEテレの番組「ららら♪クラシック」の司会なども担当していた。奥村さんは、国内外でオーケストラとも共演を重ね、函館では14年に西本智実さん指揮のロイヤルチェンバーオーケストラのソリストとして出演している。山田姉妹は、山田華さん・麗さんの二卵性双子のソプラノデュオ。函館でのステージは初めてとなる。

 リサイタルでは3組がさまざまな組み合わせで共演し、トークを挟みながらオペラのアリアなどのクラシックの名曲から、歌謡曲や童謡、加羽沢さんのオリジナルなど幅広いジャンルを演奏する。芸術ホールの同リサイタル担当の古川大記さんは「有名曲ばかり、さまざまなジャンルの曲が一度に楽しめます」とPRしている。

残り:290文字/全文:768文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る