PR
PR

七飯中卓球部が町役場訪問 全国大会へ意気込み 「力を出し切りたい」

 七飯中卓球部の男子8人が8日、町役場を訪れ、20~23日に滋賀県で開かれる全国中学校卓球大会に向けて意気込みを語った。キャプテンの庭田理玖(りく)さん(15)は「チームがリラックスできるように声をかけたい。力を出し切りたい」と張り切っている。

 同校は7月31日~8月2日、富良野市で開かれた北海道中学校卓球大会で準優勝し、全国切符を手にした。また、同校女子団体もベスト8に入った。

 団体戦と個人戦に出場する1年の林馨さん(13)は「強い選手ともいい試合にしたいので、バックハンドやフォアハンドをもっと自信が持てるように練習したい」と話した。中宮安一町長は「全国は強いチームが多い。気を緩めずに練習に励んで」とエールを送った。(田中華蓮)

 団体戦の出場メンバーは次の通り(敬称略)。
▽3年 高橋大貴、庭田理玖、古池良成、山下千暁▽2年 青山遥琉、梅崎直太朗、名久井隼斗▽1年 林馨

全文:390文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る