PR
PR

【道スポ】王柏融 復帰後初打点

 台湾の至宝が、勝負を決定付けた。リードを2点に広げた三回。なお2死満塁の好機で王が、菅原の直球を快振した。打球は右前で弾み、2走者が悠々と生還。「得点圏の走者を返すことだけ考えていた。自分の力を出し切って、結果が出て良かった」と、会心の一打を笑顔で振り返った。

 チームも自身も、苦しい時間の連続だった。7月9日のロッテ戦で右肩を負傷。約1カ月ぶりに1軍復帰した10日のソフトバンク戦でも、左足甲内側に死球を受け途中交代した。王が不在の期間は、打線が機能不全に陥り順位も後退。もどかしさが募った。

 暗く長いトンネルを、自らのバットで打ち破った。1軍復帰後初打点を挙げた王は「143試合の1つかもしれないが、自分が打って連敗をストップできてホッとしている。これからも活躍したいね」と、力強く宣言した。

 本拠地でようやく生まれた上昇気流を、もう逃さない。「久々の札幌ドームでヒットが出て、自信が付いたよ」。勝負の終盤戦。大王の一振りが、上位躍進の鍵を握る。(宮西雄太郎)<道新スポーツ8月18日掲載>

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る