PR
PR

函館出身の城山、走り幅跳び日本新8m40

 陸上の新規大会「ナイトゲームズ・イン福井」は17日、福井市の福井県営陸上競技場で行われ、男子走り幅跳びで函館市出身の城山正太郎(24)=ゼンリン―東海大札幌=が3回目に8メートル40の日本新記録で優勝した。1992年に森長正樹が出した8メートル25の日本記録を橋岡優輝(20)=日大=が1回目に7センチ更新し、それからわずか1時間ほどで城山が塗り替えた。

 城山は東京五輪の参加標準記録(8メートル22)を突破し、「びっくりしている。これを自信にして戦っていきたい」と話した。

 また、女子100メートル障害は札幌市出身で、昨秋、約6年ぶりに競技復帰した寺田明日香(29)=パソナグループ、恵庭北高出=が2000年の金沢イボンヌに並ぶ13秒00の日本タイ記録で制した。同標準記録(12秒84)は突破できなかった。(大矢太作)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る