PR
PR

顧問のミスで全国大会失格 札龍谷高馬術部 書類提出怠る

[PR]

 静岡県で7月24、25日に開かれた第53回全日本高校馬術競技大会で、札幌龍谷学園高校(川口淳校長)の馬術部が、引率していた男性顧問が必要な書類を大会本部に提出しなかったため、失格となっていたことが分かった。

 競技は男女混合の団体戦で、同校は2、3年生6人を事前に登録。このうち出場する3人を24日午前9時までに大会本部に届け出なければならなかった。手続きについては顧問も出席した23日の会議で説明があったほか、書類が提出されていないことを不審に思った大会本部が24日朝、顧問の携帯に電話したが通じなかった。会場でもアナウンスしたが、同校の顧問と選手は到着前だった。

 顧問は学校の聞き取りに対し「体調が悪く、会議での説明を聞き漏らした。携帯は着信音が出ない設定になっていたため気が付かなかった」と話したという。

残り:71文字/全文:426文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る