PR
PR

札幌・南区のクマ 専門家「駆除やむなし」 侵入抑制策の必要性指摘

 札幌市南区の住宅街に連日出没していたヒグマを駆除した札幌市の対応について、道内の専門家は「やむを得ない」とみる一方、クマを人の生活圏に立ち入らせないための対策を求めている。

 北海道大大学院獣医学研究院の坪田敏男教授(野生動物学)は「今回のクマは、市街地にあるトウモロコシなどの作物を自分の餌と考え、近づいた人を攻撃する可能性があった」と指摘。知床半島でクマ対策に取り組んでいる知床財団(オホーツク管内斜里町)の山中正実事務局長は「市街地に長く居続ければ人に危害を及ぼす危険が高まる。もっと早く駆除するべきだった」と話す。

 市などが警戒するのが、クマが農作物や残飯の味を覚え、市街地に繰り返し出没することだ。酪農学園大(江別)の佐藤喜和教授(野生動物生態学)は、市街地に行くのは危険だとクマに学習させるため、家の周りや家庭菜園に電気柵を設置したり、クマが好きなトウモロコシを早めに収穫するなど、地域で取り組める侵入抑制策を提言。

 クマの生態に詳しい道立総合研究機構環境科学研究センター(札幌)の間野勉自然環境部長は「クマが生ごみをあされない構造のごみステーションの普及などのほか、個体数を適正に管理するための生息数調査も必要」と語る。(竹内桂佑、相川康暁、津野慶)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る