PR
PR

サンマ小型船、苦難の船出 棒受け網漁、水揚げゼロ 魚群見えず

 【根室】道東沖サンマ漁の主力となる棒受け網漁の小型船(10トン以上20トン未満)が漁の序盤から苦戦している。10日の解禁後に道東各港から約40隻が出漁したが、14日現在で水揚げはゼロのまま。主漁場のロシア200カイリ水域で魚群が見つからず、やむなく道東沖で、資源が増えているマイワシを漁獲している船もある。この時期に高値がつく「はしり」のサンマが取れない異例の事態に、漁業者は頭を悩ませている。

 14日早朝、根室市の花咲港に小型船8隻が次々帰港した。各船が水揚げしたのはサンマではなく、価格が安いマイワシ。乗組員は作業を終えると、うつむき加減で船を下りた。浜中漁協所属の栄竜丸(19トン)の甲板員小林正明さん(51)=岩手県山田町=は「一度はサンマ漁に出たが、魚群が見えないのでマイワシ漁に変えた。例年少なくとも魚群は見えていたので異常事態だ」と懸念する。

 全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま)などによると、15日以降に帰港する予定の小型船もサンマの水揚げはない見込み。昨年は8月14日に16隻が花咲港で計119・3トンを初水揚げしていた。

残り:300文字/全文:773文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る