PR
PR

パワーリフティング・陸上のベトナム選手団が釧路に 東京パラに向け事前合宿

 【釧路】2020年東京パラリンピックで、釧路市がホストタウンを務めるベトナムのパワーリフティングと陸上の代表候補選手団が14日、合宿のため釧路入りした。27日まで市内の湿原の風アリーナ釧路と市民陸上競技場を拠点にトレーニングを行う。

 市は5日、選手団の合宿受け入れに関する基本合意書を同国と締結。市は選手団の国内交通費や食費、宿泊費を負担する。選手団は市内の小学校を訪問するなど交流活動を実施する。

 釧路入りしたのは、16年リオデジャネイロパラリンピック金メダリストのレ・バン・コン選手らパワーリフティングの選手4人と円盤投げや200メートル走など陸上競技5種目の選手3人、競技指導者2人、引率者1人の計10人。釧路空港では市教委スポーツ課の職員らが「ようこそ釧路市へ」と書かれた横断幕を掲げ、蝦名大也市長が到着した選手と握手を交わした。

残り:106文字/全文:476文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る