PR
PR

歌手ドミンゴ氏の公演キャンセル セクハラ疑惑で影響広がる

 【ロサンゼルス共同】世界的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ氏(78)のセクハラ疑惑を受け、米名門フィラデルフィア管弦楽団は13日、9月に予定していたドミンゴ氏の出演を取り消したと発表した。サンフランシスコ・オペラも10月の公演中止を決めた。ドミンゴ氏は2020年東京五輪の文化プログラムで公演する予定になっている。

 秋のコンサートシーズン直前に表面化した「オペラ界のスーパースター」(米メディア)の疑惑は、性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動など反セクハラ機運で大きな注目を集めており、影響がさらに広がりそうだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る