PR
PR

炭鉱遺産でコスプレ「世界観ぴったり」 夕張・旧北炭火力発電所の見学ツアー人気

 【夕張】夕張市清水沢地区で炭鉱の操業に使われた旧北炭清水沢火力発電所の一般公開が人気だ。2011年から始まり、昨年から有料化されたが、今年も既に約200人が訪れている。石炭産業遺産に興味のある見学者のほか、コンピューターゲームの登場人物などに扮(ふん)し、写真撮影する人も多い。主催者は「価値を多くの人に伝えていきたい」と話す。

 「かつて多くの人が働いて汗を流していたのに、今はひっそりと静まり、自然に返っていくかのようにたたずんでいる様子が好き」。今月1日、見学ツアーに参加した帯広市の看護師小坂知代さん(31)は楽しそうに話した。産業遺産を見るのが趣味といい、旧発電所の配電盤室を興味深そうに見入っていた。

残り:716文字/全文:1022文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る