PR
PR

道警ヤジ排除「説明責任果たせ」「人権無視」 札幌でデモ

 道警の警察官らが安倍晋三首相の街頭演説中、批判の声を上げた市民を現場から排除した問題で、道警に抗議する市民集会とデモが10日、札幌市中央区で開かれた。集まった120人超の市民らが「ヤジも言えない世の中でいいのか」「道警は説明責任を果たせ!」と声を上げながら、道警本部庁舎を目指し、市中心部を行進した。

 「人権無視する警察はいらない」「法的根拠を示せ」―。10日午後5時すぎ、デモ隊は同市中央区の大通公園を出発。道警の警察官十数人が警備に就く中、「ヤジくらい言わせろ」などと書いた数えきれないほどのプラカードを掲げ、シュプレヒコールを上げた。

 「野党候補の演説では排除などしないのに、首相演説の時だけ強制排除された。それっておかしくないですか」。首相の街頭演説で「安倍やめろ」とヤジを飛ばし、無理やり排除された同市北区の団体職員大杉雅栄さん(31)は先頭から通行人に訴えた。

 年金制度批判のプラカードを掲げようとし、警察官に阻まれた同市豊平区の富永恵子さん(70)は今回「老後の生活費2000万円貯金できません!」のプラカードを高く掲げた。「表現の制限に日本の戦前の空気すら感じる。多くの人たちに今、日本は危険な状況にあると感じてほしい」

残り:737文字/全文:1256文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る