PR
PR

谷村さん自著朗読 市民ら世界観堪能 函館市

 札幌生まれで、母親が函館出身の作家谷村志穂さんの自著朗読会「谷村志穂 自著を読む6」(函館市文化・スポーツ振興財団主催)が10日、函館市文学館で開かれ、集まった市民ら約50人が谷村さんの小説の世界観を堪能した。

 朗読したのは、昨年12月発売の月刊誌「小説新潮」1月号で発表した短編小説「麻糸、巻いた」。病気で母が急逝後、多額のへそくりが発見されるが、そのへそくりから母の家族への愛情が伝わるという内容だ。

残り:189文字/全文:392文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る