PR
PR

函館―長万部 存廃論議加速も 20年で維持費57億円 新幹線延伸で並行在来線に

 JR北海道は、2030年度末の北海道新幹線札幌延伸時に同社から経営分離される並行在来線の函館線函館―長万部間(総延長147・6キロ)について、2018年度~37年度の20年間で橋や車両などの大規模修繕・更新に計57億円かかるとの試算を示した。並行在来線存続に必要な経費の規模が初めて提示されたことで、路線の存廃をめぐる議論が今後加速しそうだ。地元の首長からはさらなる情報開示を求める声が上がっている。

 試算は、2日に開かれた北海道新幹線並行在来線対策協議会の渡島ブロック会議で、JR北海道の綿貫泰之常務が沿線の7市町の首長らに公表した。

残り:688文字/全文:957文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る