PR
PR

中学生の宿泊学習 共同調理の食事で31人食中毒 帯広保健所発表

[PR]

 【帯広】帯広保健所は31日、十勝管内の施設で7月17、18の両日行われた宿泊学習に参加した同管内の中学校の生徒と教員計118人中31人が、同18日午前から腹痛や下痢などの症状を訴え、このうち4人から腸管出血性大腸菌O26を検出したと発表した。同保健所は宿泊学習で共同調理された食事を原因とする食中毒と断定した。

 同保健所によると、11人が医療機関を受診し、4人が入院したが、いずれも快方に向かっており、31日までに2人が退院した。

 生徒らは、7月17日夜に屋外で共同調理をしており、三色丼や親子丼などを作り食べていた。同保健所は当該中学校を所管する教育委員会に対し、宿泊学習における食品の衛生管理の徹底について指導した。(正井晶子)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る