PR
PR

札幌5年ぶり熱帯夜  続く猛暑 熱中症搬送も

 上空に暖気が流れ込み続けている影響で、道内は29日夜から30日朝にかけて、札幌市や旭川市など8地点で夜間の気温が25度以上の「熱帯夜」となった。札幌市では27・4度までしか下がらなかった。30日も朝から気温が上がり、午後1時までにオホーツク管内湧別町で33・7度を記録。札幌管区気象台は熱中症への注意を呼び掛けている。

 日本気象協会道支社によると、29日午後6時から30日午前6時までの最低気温は旭川市で25度、オホーツク管内雄武町で26・5度だった。熱帯夜は札幌市で5年ぶり、旭川市と雄武町では9年ぶり。

 気象台によると、午後1時現在の最高気温は同管内小清水町で33・6度、同管内遠軽町で33・5度、札幌市中央区で33・3度、79地点で30度以上の真夏日となっている。各消防によると、午後1時現在、熱中症とみられる症状で少なくとも札幌市で6人、千歳市と恵庭市、胆振管内厚真町、白老町で、それぞれ1人が救急搬送された。

 北海道の上空1500メートル付近には、平年より5度高い湿った暖気が太平洋高気圧の縁を沿うように流れ込み続けており、蒸し暑い日が長引いている。

 札幌市手稲区のていねプールでは、午前9時半の開場前から大勢が列をつくった。同市西区の小学6年国井菜央さん(11)は「暑いけど、水が冷たくてちょうどいい」。札幌中心部に買い物に来た同市豊平区の会社員笹本真輝さん(23)は「昨夜は蒸し暑くて、扇風機を付けっぱなし。じめっとした暑さが続き、気がめいる」と話した。

 気象台によると、8月2日までは厳しい暑さが続く見込み。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る