PR
PR

歌って飲んで出発進行!! 函館市電、夏恒例カラオケビール電車

 函館市電は、夏恒例の「カラオケビール電車」の運行を始めた。カラオケ装置などを備えた「アミューズメントトラム501号車」にビールサーバーや冷蔵庫を置く貸し切り車両で、利用者は市電に揺られながら宴会を楽しんでいる。

 1994年から実施。今夏は8月31日まで(8月1~5日を除く)、予約に応じて運行する。基本区間は駒場車庫前―函館どつく前の往復で、所要時間は1時間半。ただ、希望の乗降場所や出発時間は指定できる。

 12日の運行初日は自衛隊函館地方協力本部などの関係者20人が貸し切り、ビールを手に「乾杯」「出発進行」と声を上げた。同本部の小幡哲也本部長(52)は「毎年この電車の運行を楽しみにしている。夏が来た感じがする」と話した。

 飲食物は自分で用意する必要があり、1運行につき1万9千円で、定員35人。空き状況は市のホームページで確認できる。問い合わせは市企業局交通部(電)0138・52・1273へ。(斉藤直史)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る