PR
PR

こまめに水分 熱中症予防 のど渇く前に補給/汗かいたら塩分も

 夏本番―。気温が高い日が続くと熱中症になる可能性が高くなる。毎年7~8月は予防強化月間。熱中症にならないためには、正しい知識を持って「暑さを避ける」「こまめに水分を補給する」などの予防策に取り組むことが大切になる。

 「暑くなると、私たちの体は、皮膚の表面にある末梢(まっしょう)の血管を広げたり汗をかいて蒸発させることで熱を逃がし、上がった体温を下げようとします」と話すのは、札医大救急医学講座講師の上村(うえむら)修二さん(44)。

 ところが、血流の皮膚への移動や、大量の汗で水分や塩分が失われ脱水症状になることで熱中症の症状が現れる。さらに体が適切に対処できなくなると、体に熱がたまって体温が上昇し重症になる。「重症になると、命を失うこともある」と上村さん。

■子どもは特に

 日本救急医学会は、熱中症の重症度をⅠ度(現場の応急処置で対応できる軽症)、Ⅱ度(医療機関への搬送が必要な中等症)、Ⅲ度(現場の応急処置で対応できる軽症)の3段階に分類し、それぞれの症状や適切な対処法を挙げている。

 「特に子どもやお年寄り、持病がある人は熱中症になりやすい」と上村さん。

残り:2814文字/全文:3296文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る