PR
PR

【道スポ】清宮 本塁打こだわらない 不振脱出も「いい当たりが出たらいい」

 本塁打にはこだわらない。2戦連続適時打をマークし、復調気配を見せている清宮が、今後に向けた意気込みを語った。

 33打席連続無安打の不振を脱し、次は一発が期待されるところだが、清宮は「ホームランに限らず、いい当たりが出たらいい。そこは結果なので、おのずと(打球が)上がれば」とまずは自分のスイングをすることに集中する。

 22日の神戸移動前には札幌市内の室内練習場でマシン相手に30分ほどバットを振った。今後も結果を残していくために、限られた時間の中でも練習を重ねている。きょう23日からは敵地でのオリックス戦。「やっぱり外の球場(ほっともっと)はいい。ずっと使われている(雰囲気が)温かい球場」と好印象を持つ舞台。清宮のバットで再び連勝街道を走りだす。<道新スポーツ7月23日掲載>

全文:341文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る