PR
PR

北照 今度こそ夏の甲子園1勝だ 先制打の斎藤「歴史変える」

 一回1死二塁、北照の3番打者斎藤(2年)は、緩い変化球を右翼へのヒットとし、先制点を挙げた。回ごとの打順に応じ、長短打を広角に打てる器用な打撃が持ち味。「チームに勢いをつけるため、自分で返すという気持ちで打った」と話す。

 札国際情報は丁寧な試合をするので簡単に勝てる相手ではない。捕って投げるという動作一つ一つを丁寧に行うようにと、前日話し合ったという。斎藤は「ボールに対してあてにいかず、振り切ることを意識する自分のスイングができた」と振り返る。

 準決勝から応援に来ている昨年の主将の三浦響さんは「粘って甲子園の切符を手に入れられた後輩の姿を見て成長を感じる。自分たちのときよりもうれしい」と笑顔を浮かべた。

残り:230文字/全文:536文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る