PR
PR

AIに俳句が分かる感性を 道内研究者が協会 評価データを蓄積

 人工知能(AI)がつくった俳句をAIが自ら評価、選別できるようにすることを目指し、道内の研究者が「AI俳句協会」(会長・松原仁公立はこだて未来大教授)を設立した。協会のウェブサイトにAIの俳句を載せ、閲覧者に採点してもらって評価データを蓄積。人間が「良い」と感じる俳句の傾向をAIに学ばせ、人間らしい感性を獲得させる狙い。

 北大と公立はこだて未来大のAI研究者が中心となって12日に協会を設立し、ウェブサイトを公開した。AIが作成した句を開発者が投稿。閲覧者に4段階で評価してもらう。コメント欄への批評や点数によるランク付けも行い、評価結果を公開して、開発者にAIの改良に役立ててもらう。

 サイトに登録すれば、だれでも無料でAIがつくった俳句を評価できる。アドレスはhttp://aihaiku.org/

残り:327文字/全文:680文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る