PR
PR

黒沢さん初V 全道将棋選手権

 第77回全道将棋選手権大会兼第73回全日本アマ名人戦北海道予選大会(北海道新聞社、日本将棋連盟北海道支部連合会主催)の準決勝と決勝が15日、札幌市中央区の北海道新聞社で行われ、黒沢裕人さん(30)=十勝地区=が、横山大樹さん(29)=札幌地区=を破って初優勝した。

 決勝で黒沢さんは、アマ四冠だったこともある強豪の横山さんに相掛かりの戦型から鋭く攻め、54手で勝利した。

 準決勝は黒沢さんが川村卓史さん(28)=釧路地区=を、横山さんが前田貫さん(45)=函館地区=をそれぞれ下した。

 9月7~9日に東京で開かれる全日本アマ名人戦には、黒沢さんと横山さんが出場する。(原田隆幸)

■中盤、終盤でうまさ

 審判長の屋敷伸之九段の話 決勝で黒沢さんは中盤、終盤でうまく指し回して快勝といってよい勝ち方だった。横山さんも2回戦で前回優勝者を破るなどさすがの実力を見せた。20~30代を中心に7歳からベテランまで、1回戦から実力伯仲の対局が続き、全体的なレベルの向上を感じた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る