PR
PR

マッコウクジラの死骸漂着 猿払の海岸

 【猿払】宗谷管内猿払村の海岸で15日、マッコウクジラ1頭の死骸が砂浜に打ち上げられているのが見つかった。クジラに詳しい研究者によると道内で死後間もないマッコウクジラの死骸が見つかるのは珍しいという。

 猿払村などによると、15日午後4時すぎに猿払村漁協から「猿払川の河口付近にクジラが打ち上がっている」と村に連絡があった。体長は約16メートルで、運搬が難しいため、砂浜に埋めて処分する方針だという。

 北大大学院水産科学研究院の松石隆教授(鯨類学)によると、死骸の状況から漂着直前か、直後に死んだ可能性もあるという。松石教授は「マッコウクジラの漂着は、道内で年2~3回ほど。ただ、沖合で死んだクジラが1週間ほどして漂着することが多く、死後間もないマッコウクジラは珍しい」と話している。(伊藤駿)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る