PR
PR

韓国反論「撤回要請した」 輸出規制 日本は再び否定

 韓国に対する日本の輸出規制強化に関する12日の日韓事務レベル会合を巡って、日韓当局が13日、批判の応酬を繰り広げた。韓国側から撤回要求はなかったと日本が説明したことに対し、韓国側は「撤回を要請した」と反論。一方の日本側は「問題提起は受けたが撤回要請は受けていない」と説明した。関係改善の糸口を探る当局間の調整で隔たりがさらに深まり、両国関係は泥沼の様相を呈している。

 会合に出席した韓国政府の貿易管理担当者は13日、帰国前に羽田空港で記者団の取材に応じ、「措置に対する遺憾を表明し、原状回復、つまり撤回を要請した」と発言。輸出規制の強化は安全保障上の自国内の制度の見直しで、国際的なルールである世界貿易機関(WTO)違反には当たらないとする日本側の主張について「韓国側は理解も納得も同意もできないと強く言った」と語った。

残り:312文字/全文:673文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る