PR
PR

新任教諭自殺、県と町が控訴断念 福井地裁の賠償命令判決

 福井県若狭町立中学の新任教諭だった嶋田友生さん=当時(27)=の自殺を巡り、安全配慮義務違反を認め、約6530万円の支払いを命じた福井地裁判決について、県と町は12日、控訴しないと明らかにした。父親の富士男さん(59)が約1億130万円の損害賠償を求めていた。

 杉本達治知事は同日「内容を精査した結果、司法判断を受け入れる」とのコメントを出した。町の中村正一教育長も記者会見で「裁判を長引かせず、働き方改革を進めるのが嶋田さんへの一番の報いと判断した」と説明した。

 原告側も控訴しないため、判決が確定する見通し。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る