PR
PR

MOMO4号機打ち上げ 13日夕方に変更 天候悪化で

[PR]

 【大樹】十勝管内大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST)は12日、宇宙観測用小型ロケット「MOMO(モモ)」4号機の打ち上げを13日に控え、機器の点検などを進めた。打ち上げの時間帯は、悪天予報のため当初の13日昼から、同日午後4時20分~同5時20分に変更した。

 4号機は5月4日に高度113・4キロの宇宙空間に到達した3号機と同型(長さ10メートル、直径50センチ)。紙飛行機3機を宇宙空間に放出する「世界初のミッション」(IST)に挑むほか、スポンサー企業の日本酒を蒸留し、液体燃料に混ぜる。3号機に引き続き、高知工科大の観測機器を搭載して上空の音を採集する。

残り:162文字/全文:454文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る