PR
PR

函館駅周辺 ホテル開業準備着々 10月から相次ぎ5棟 人手不足など課題も

 JR函館駅周辺で建設中のホテルの開業準備作業が着々と進んでいる。10月1日にオープンする「ホテルWBF函館 海神(わたつみ)の湯」などは完成のめどが立ち、予約受け付けを開始。JR北海道は11日、「JRイン函館」の最上階に露天風呂付き大浴場などを設置すると発表した。函館市内の観光客の受け入れ能力は大幅に高まる半面、人手不足や建設ラッシュ後の受注落ち込みへの懸念など、課題もある。

 駅周辺は10月から来夏にかけてホテル5棟が立て続けにオープンする“開業ラッシュ”を控えている。客室数は計約1200。今年5月に先行開業した「センチュリーマリーナ函館」や湯川地区などで計画中の案件を含めると、増加分の客室数は2千室を超える勢いだ。

残り:522文字/全文:835文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る