PR
PR

道の駅「四季の館」むかわ竜現る 休憩所に実寸に近い想像画

 【むかわ】町観光協会は、道の駅「四季の館」(町美幸3)の駐車場に、プレハブの休憩所を開設した。建物の外壁には、町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜化石(通称・むかわ竜)をPRするため、巨大なイメージ画が取り付けられた。

 休憩所は6月末にオープン。穂別で発見されたむかわ竜の知名度を高めようと、実物に近い全長約7メートル、高さ約2・5メートルのイメージ画を建物の外壁に取り付けた。室内には、町内の観光パンフレットが置かれ、昨年9月の胆振東部地震で被害を受けた町内の様子や、シシャモ、たんぽぽなど町の名物の写真12枚が壁に立て掛けられている。

残り:68文字/全文:341文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る