PR
PR

滝野すずらん公園で再びクマ2頭撮影 臨時閉園を当面継続

 札幌市南区の国営滝野すずらん丘陵公園を管理する札幌開発建設部は10日、公園内の無人監視カメラで親子とみられるクマ2頭が9日に撮影されたと発表した。4日に続く撮影。札幌開建は臨時閉園を当面継続する。

 撮影は9日午後6時50分ごろ。前回の個体と似た2頭が散策路を「森の情報館」から「森の交流館」方向へ歩いていた。

 8、9両日の現地調査では、フキやウドを食べ、切り株を崩したとみられるクマの痕跡が園内西部の6カ所で確認された。公園は柵で囲まれており、クマが出入りした穴などの痕跡は見つかっていない。札幌開建は今後の対応を検討している。(津野慶)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る