PR
PR

サンマ流し網漁解禁 不漁予想 初日は釧路から1隻

 【釧路】10トン未満の小型船によるサンマ流し網漁が8日解禁され、釧路港から1隻が出漁した。道によると、約90隻が操業許可を得ているが、不漁が予想されているため、ほぼ全ての船が初日の出漁を見送った。

 流し網漁は、三陸沖から道東沖を北上する魚群を狙う。釧路港では、広尾漁協(十勝管内広尾町)所属の第88隆盛丸(9・1トン)が、8日午前0時の解禁後すぐに漁を始められるように7日午後11時ごろに岸壁を離れ、漁場に向かった。

残り:183文字/全文:392文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る