PR
PR

ボサノバの父、ジルベルト氏死去 ブラジル、「イパネマの娘」

 【サンパウロ共同】ブラジルのメディアによると「ボサノバの父」と呼ばれた歌手でギタリストのジョアン・ジルベルト氏が6日、リオデジャネイロの自宅で死去した。88歳。近年、体調を崩していた。

 1931年6月、北東部バイア州ジュアゼイロ生まれ。10代でギターを弾き始め、51年にリオのボーカルグループのメンバーとしてレコードデビュー、その後ソロに転向した。

 作曲家の故アントニオ・カルロス・ジョビン、作詞家の故ビニシウス・モラエスとともにボサノバの創始者とされる。元妻のアストラッドさんと歌ったボサノバの代表曲「イパネマの娘」は世界的にヒットした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る