PR
PR

JR車両も連結 いさ鉄観光ツアー グルメや風景堪能

 JR北海道のラッピング車両「道南 海の恵み」と道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」の車両を連結させ、いさ鉄線を運行する函館駅発着の日帰り観光ツアーが6日、行われた。

 北海道オプショナルツアーズ(札幌)と日本旅行(東京)が企画。いさ鉄線をJR北海道の車両が営業運転するのは、いさ鉄開業後で初めて。

 両車両は連結したまま、函館駅―木古内駅間を往復した。「道南 海の恵み」の乗客は、茂辺地駅でいったん降車して北斗星広場で地元住民と「七夕まつり」を楽しんだ後、木古内からの折り返し連結車両に乗車し、「ながまれ海峡号」の乗客は道南のグルメを味わいながら車窓の風景を堪能し、木古内駅で折り返した。

 函館駅ホームでは、いさ鉄の小上一郎社長やJR函館駅の小坂賢一駅長、市内の保育園児らが両車両に乗り込んだ計約40人を見送った。小上社長は「こうした企画があれば、沿線も活気づくのでありがたい」と話していた。
(合津和之)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る