PR
PR

野幌森林公園クマ ハスカップ食害確定的に 運動公園で発見のふんに実

 【江別】4日午前5時35分ごろ、道立野幌総合運動公園南駐車場ゲート前(江別市西野幌)で同公園の警備員がクマのふんを見つけた。

 現場は道立野幌森林公園の隣接地。森林公園を管理する北海道博物館がふんを確認したところハスカップの実が含まれていた。南に約4キロ離れた森林公園内のハスカップ畑でも2日に実が含まれたクマのふんが見つかり、畑が荒らされていた。

 江別市は、両日見つかったふんは同一個体のものとみており、「作物被害が確定的になった。ゼロとされてきた森林公園のクマの有害性の判断がどうなるか、関係機関との協議など含めて今後の状況を見守る」と話している。

残り:147文字/全文:423文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る