PR
PR

クマ出没の野営場閉鎖 せたな・大成 はや半月

 【せたな】クマの目撃情報が相次ぐ中、町内大成区のキャンプ場、大成野営場が一時閉鎖される事態となっている。同野営場は日帰り入浴ができる温泉宿「国民宿舎あわび山荘」のすぐ近くにあり、観光客に人気のスポット。キャンプ場の利用客が増える夏を前に関係者は「いつ再開できるのか」と頭を悩ませている。

 町によると、せたな青少年旅行村(瀬棚区)、真駒内ダム公園(北檜山区)、大成野営場の3カ所のキャンプ場は今シーズン、4月下旬から5月上旬にかけてオープンした。週末には道外からの利用客も訪れ始めている。

 ところが、大成野営場では6月17日にクマの目撃情報があり、町は急きょ入り口にロープを張り巡らせ、表示板を設置して一時閉鎖とした。

残り:280文字/全文:589文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る