PR
PR

室蘭、住みよさ道内一 「快適度」に高評価 東洋経済新報社調査

[PR]

 東洋経済新報社(東京)が全国812市区を順位付けした「住みよさランキング2019」で、室蘭市が道内35市の中でトップになった。全国では99位。基準となる指標が見直されたこともあり、「快適度」が全国9位になるなど、昨年の全道17位(全国638位)から大きく順位を上げた。

 同社が毎年発行している書籍「都市データパック」で順位を発表している。対象は772の市、20の政令市、20の特別区(東京23区から千代田区、中央区、港区を除く)。

 1人当たりの大規模小売店店舗面積や病床数など、生活に直結する22の指標を「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の四つに分類して数値化し、順位をつけている。

残り:386文字/全文:681文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る