PR
PR

本物気分でコスプレ撮影 洞爺湖アニメフェスタ23日まで 美少女描いた「痛車」も

 【洞爺湖】「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ2019」が22日、胆振管内洞爺湖町で始まった。道内各地からコスプレファンが結集、色とりどりの衣装で漫画やアニメのキャラクターに仮装し、洞爺湖温泉街などを彩った。

 町民有志でつくる同フェスタ事業推進委と洞爺湖温泉観光協会が主催し、今年で10回目を迎えた。

 漫画「NARUTO(ナルト)」や「銀魂(ぎんたま)」、ゲームなどの登場人物になりきったファンが温泉街や洞爺湖畔を練り歩き、互いに記念撮影するなどして楽しんだ。また、車体に美少女キャラクターなどを描いた「痛車(いたしゃ)」92台が展示された。

 この日は雨の予報だったため、恒例のコスプレパレードは中止となった。

残り:110文字/全文:416文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る